hkdmz
壊れてから直そうとしないで下さい。
もう直りませんから。
普段からメンテナンスすることが大事なんです。
恋人と破局寸前までいってから、謝っても遅いです。
反省しても遅いです。
泣きついても意味がありません。
部下が鬱になってから、不満を聞いても遅いです。
改善案を出しても遅いです。
心配しても意味がありません。
日々良い関係を維持すること以上に大切なことはありません。
壊れたものは直らないんで。
bgnori

。松下幸之助さんは、新入社員の面接試験で、よくこんな質問をしていたそうです。実は、この質問の答えによって、採用・不採用を決めていたと言うのです。

質問:「君はこれまで運がいい方でしたか? それとも運が悪い方でしたか?」

結果、「とても運が良かったです」と答えた学生は「合格!」になり、「運がいい方ではありません」と答えた学生は「不合格」になりました。その理由は、「運が良かったという人は、周りの人に助けられてきたという『感謝』の気持ちのある人で、たとえ逆境に陥っても、(運のせいにせず)前向きに取り組める人物だ」と判断していたからです。松下幸之助さん自身、「私は運が良かったから成功した」とよく言っていたそうです。

“絶対に落ち込まない思考回路”の作り方 - [フリーランス]All About (via flyingtadpole) (via kefia) (via vmconverter) (via asumaslv) (via usaginobike) (via ssbt) (via hsmt) (via appbank) (via ittm) (via joker1007) (via clavier) (via vmconverter) (via booboon) (via uessai-text) (via kuriz) (via skashu) (via plasticdreams) (via cigaromint) (via molmorth) (via y-u) (via layer13) (via highlandvalley) (via deepspeed) (via horiesatoshi) (via shinoddddd) (via shortcutss)

なんか危うさを感じるな.

(via bgnori)
hutaba

もう少し説明すると、「人の目を気にする」人間の大半は、「自分の周囲の少数の人の目を気にしている」だけである。

そして、「人の目を気にしない」というのは、自分一人だけの判断をしているのではなく、逆に、「もっと確かな目(あるときは、もっと大勢の目)」による評価を想定している、という意味だ。

それは、「今の目」だけではなく、「未来の目」にも範囲が及ぶ。